庶民目線のふる納レポ(本家)

庶民の目から見たふるさと納税レポート…そのまんまですね(笑)

ふる納自治体収支を見る 過疎地の赤字

読売新聞記事より
ふるさと納税 自治体間格差70億

最高黒字>都城市 42億
最低赤字>横浜市 28億
その差が70億

という記事です。そりゃ、やるところもあればやらない所もありますし、やる所のなかでも明らかに意欲に温度差があるので、差がつくのも当然と思われます。

そして、私が気になったのは、過疎地の赤字。
過疎自治体で最も赤字が多かったのは北海道函館市の3065万円で、以下、群馬県東吾妻町(185万円)、福岡県川崎町(178万円)だった。

調べてみると、1位の函館市は人口26万の中核市… なら、過疎じゃないですよね?これで過疎なら、地方は県庁以外ほとんどすべて過疎になってしまいます。

そして、2位東吾妻町、3位福岡県川崎町は、180万円前後。町の公務員一人の経費より安く、それほど大きな金額とは思えませんがいかがでしょう?

と考えると、過疎地の赤字は小さく、やはり地方にとっては良い制度だな、と私は思いました。横浜市もふるさと納税を導入するとのことですし、良い意味で競争が激しくなるといいなと思いました。

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する