庶民目線のふる納レポ(本家)

庶民の目から見たふるさと納税レポート…そのまんまですね(笑)

やらかしました(゚д゚)!

お久しぶりです。筆不精ですみません。
いよいよ10月も終わり、今年もあと2ケ月…ふる納が盛り上がる時期ですね!

さて、そんな訳で私は、今年の限度額を確認しようと、前回の確定申告書を手に税務署で相談したエピソードと、私の「やらかし談」を紹介します。

1、税務署で相談のエピソード

~~税務署員と自分の会話~~
税務署員「限度額って何ですか?仮に何百万寄付しても、そこから2,000円を引いた金額が控除されます」
私「そりゃ、収入が何億もある人の話で、そうじゃなくて、ふるさと納税の自己負担2000円でできる…~~(以下、説明)」
税務署員「話がわかりませんね、地元の役所で聞いてみてください」
私「ふるさと納税についてわかる方いないんですか?その手の本やサイトにたいてい掲載されるものですけど?」
税務署員「はぁ…じゃ、調べてみますね」

と、こんな感じで、なかなか思う答えが得られません。ちょっと言えばすぐわかってもらえると思っていたので、特に資料は用意していませんでした。でも、その場で検索してスマホの画面を見せたり、調べてもらったりしても、結局上記説明の繰り返し。

わかったことは、要するに、市町村役所の責任で徴収する税金について、税務署(国)は一切説明できない、ということ。わからないことはないんだろうけど、どうやら「説明してはいけない」というマニュアルになってるのか、教えてくれないのです。

とすると、聞くべきは「地元の役所」ということになるんですが…。他所の町に税金を納める相談なんか、地元でできません(:_;)

2、私のやらかし談

というわけで、ネットで色々調べて、おおよその金額がわかったのですが、驚いたのが…
去年より収入は上がっても、限度額が下がっている! ということ。
転職し、非正規ながら収入UPにこぎつけたのですが、諸事情と複雑な計算を経て、そのような結果になってしました。

ということは、これまでの納付額で、既にオーバーしています(涙)。ああ、年末恒例(?)ふる納フィーバー、今年ものれません。
ちなみに来年分も、既に「コレとアレと…」とリストアップしているので、年末まで残せる枠は少なそうです(^^;)

というわけで、「限度額の有効活用」については、できるだけ年末近くに収入が確定してから、の納税実行がいいですね…当然ですが。年末はふる納合戦もヒートアップし、返礼品史上も活性化が予想されますが、その分納税から配達までの日数とかアクセス過多によるトラブルとかも予想されます。あとは、それぞれの方の作戦でしょうね。

↓ 1クリックご協力をお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へにほんブログ村

ブロトピ:こんなふるさと納税をしました

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する