庶民目線のふる納レポ(本家)

庶民の目から見たふるさと納税レポート…そのまんまですね(笑)

税制がよくわかりません

自分は昨年度からふるさと納税を始めたので、実質的に節税効果があるのは今年からになります。
で、今年の住民税を見ると、確かに去年より減ったので、ふる納効果だと思います。

「思います」という曖昧な表現ですみません。でも、色々調べたのですが、制度が複雑で計算が未だによくわからないのです。去年は毎月天引きだった住民税は、転職したからだと思いますが今年は4回に分けて自主納付になりました。トータル金額を見ると明らかに去年よりは安いのですが、何をどう計算したらそういう計算になるのか、正直さっぱりわかりません(:_;)

昨年、何かの記事で読んだのですが、<ふるさと納税実行者の節税失敗率は高く、50%以上>という総務省発表があったそうです。具体的な意味がわからないのですが、失敗とは<ふるさと納税をしたのに、申告を怠ったとか手続きのミスをして節税にならなかった>ということだと解釈しました。それにしても、「ミスや面倒になり手続きしなかった人がいるにしても、いくらなんでも50%以上は高すぎる。何かもっと難しい条件があるんだろうか?」と思いました。

その記事がずっと気になり、ふるさと納税がうまくいくかどうか、実はずっと心配していましたが、上記のとおり成功したようです。感想として、確かに複雑だし、はじめは制度理解に少々労力がかかりますが、そんなに超難しいことではなかったですね。そして、その程度のリスクを含めても、十分なリターン(程度は人によりますが)が得られる制度といえると思います、間違いなく。ただし、例の記事の情報ソースは忘れましたし、失敗率を上げる原因もわからずじまいですが…。

というわけで、改めてお勧めしますよ、ふるさと納税。
未参加の方はぜひ!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する