庶民目線のふる納レポ(本家)

庶民の目から見たふるさと納税レポート…そのまんまですね(笑)

良いこと言いますね~知事! (^^♪

日本経済新聞記事より

山形県の吉村知事が、ふるさと納税返礼品について「5割、7割でもいいのでは?」とおっしゃってるそうです。
いや~、泣く泣く妥協せざるを得ない自治体の多い中、頼もしいですね~。嬉しくて嬉しくて涙でそうです(^^♪

やっぱり3割じゃ低いですよね!?
制度改変するにしても、バランスの良い着地点を探してほしいものです、本当に。

いろんな場所で「村おこし」「地域振興」と称する活動が行われても、残念ながらそのほとんどが、失礼ながら空振りしているのが現状。これだけの実績を残した政策を簡単につぶすような方向転換はないでしょう!掛けたハシゴをはずされては地方は振り回されるだけです。

ガンバレ! 吉村知事!!

~~~~以下、記事~~~~
「5割7割はいいのでは」ふるさと納税返礼率で山形知事

山形県の吉村美栄子知事は23日の記者会見で、総務省がふるさと納税の返礼割合を3割以下にするよう通知したことについて「『半返し』という言葉もあり、8割以上は問題だろうが、3割、5割、7割はいいのではないか」との考えを示した。併せてふるさと納税は「発展途上の制度」と指摘、健全に拡大させるため自治体連合で検討していく考えを表明した。

 吉村知事は通知に関して「市町村長からふるさと納税で盛り上がっているという話を聞いていたので(自治体が)案外すんなりと受け入れようとしていることに、オヤッと思った」と述べた。

 総務省が自粛を求めた家電など工業製品について「その地域で生産されているものであればいいのではないか」との考えを表明。金券についても「商店街で使う地域密着の商品券であればいいのではないか。変な利用を心配しているのであろうが、農産物も換金しようと思えば換金できる」と指摘した。

 「生産者の収入にもなる」など地域活性化重視の立場から、福井県の西川一誠知事の呼びかけでできた「ふるさと納税自治体連合」を通じて自治体間で議論、検討する姿勢を示した。
~~~~~~~~~~~~~




↓ 1クリックご協力をお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へにほんブログ村
ありがとうございました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する