庶民目線のふる納レポ(本家)

庶民の目から見たふるさと納税レポート…そのまんまですね(笑)

ふる納3割通達 長野県内の対応

ふるさと納税3割制限通達から1か月。長野県内の対応状況が記事になっていました。機械工業が盛ん(ですよね?子どもの頃習った地理ではそうだったはず…)な長野ですので、先日記事にした伊那市をはじめ、飯山など家電を返礼品にしている町が多く、個人的には注目していました。

~~~~信濃毎日新聞記事より~~~~

ふるさと納税返礼品 22自治体「3割内」に

 ふるさと納税の返礼品競争対策として、寄付額に対する返礼品の調達価格の割合(返礼割合)を「3割以下」とすることを全国の自治体に要請した総務省の通知を巡り、信濃毎日新聞は29日、県と県内77市町村に見直し状況について尋ねた結果をまとめた。3割を超える返礼品があった県と54市町村のうち、4割に当たる県と21市町村が通知に沿い「見直した(予定含む)」と回答。一方、2割弱の10町村は「見直しは考えていない」とした。

 通知は「資産性の高いもの」や「金銭類似性の高いもの」はふるさと納税の趣旨に反するとして、こうした品目を返礼品として贈らないよう要請している。調査によると県と77市町村のうち、33市町村は該当する品目があると回答。「該当する品目を全て除外した(予定含む)」と答えたのは、時計を贈っていた飯田市など4市村にとどまっており、返礼割合の見直しに比べ動きは少数となっている。

 このうち伊那市は通知を受けて17日、返礼品に関する独自の運用方針を発表。法人税法施行令の規定を準用し、調達価格が10万円以上の家電製品を「資産性が高い」として取り扱いをやめた一方、10万円未満の製品は継続している。ただ、市は総務省からさらなる見直しを要請され、対応を再検討している。

 地元特産の「松本民芸家具」の椅子が該当する松本市など8市町村は「見直しは考えていない」、上田市や岡谷市など21市町村は「検討中」とした。

 返礼割合が3割以下となるよう見直した自治体のうち、県は30・2〜31・5%だったワインセットやリンゴなど75品目全てを返礼品から除外した。「総務省の通知を踏まえた。ふるさと納税制度の健全な発展のため」とする。

 「一部を見直した(予定含む)」としたのは2町村。北安曇郡松川村は村外から調達した返礼品は3割以下に抑えるが、返礼割合が40%程度の村内産の農産物は「地域振興につながる」として見直さない。「検討中」としたのは21市町村だった。

 東筑摩郡麻績村は返礼割合、品目ともに「見直しは考えていない」と答えた。村は1万円の寄付に対し、村内のレストランや宿泊施設で1万円分の代金を支払える利用券を贈っており、返礼割合は100%。「村に来てもらうきっかけづくりにする」としている。

 年度当初の同省の通知が本年度の予算や事業の執行に「大きく影響する」としたのが10市町村に上り、「ある程度影響する」は14市町村だった。

~~~~~~~~~~~

だそうです。見直さざるを得ない自治体が多い中、あえて見直さない自治体も結構ありますね。私的には応援します。

そして松川村の、「村外からの調達品は3割に抑えるが、村内農産物に関しては3割超えても見直さない」という対応、非常に的を射ていると思いませんか?役場が儲かろうが儲からまいが、地域にお金が落ちているんだからそれでいいじゃないですか!このルールを全国の自治体に普及させてほしいものです。

そして話は飛びますが、麻績村(おみむら、と読むそうです)の利用券は還元率100%だったんですか!ということは、経費分の赤字を出しながらも還元…こんな町があったのですね!ありがたい反面、これをアリにすると経済力のある都市部自治体が出血大サービスしたら、地方の農山漁村には歯が立たないので、何らかのルールが必要かもしれませんね。ま、地域内の利用券だからいいのかな?



↓ 1クリックご協力をお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へにほんブログ村
ありがとうございました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する