庶民目線のふる納レポ(本家)

庶民の目から見たふるさと納税レポート…そのまんまですね(笑)

ああ…総務省が…(涙)

産経ニュースより
総務省は返礼品の上限金額を寄付額の3~4割にとどめる方向で調整しているそうです。
あ~残念です…。3~4割という数字に根拠はあるのでしょうか…。しかも来月3日には通知…早いですね。政策によっては簡単なことでももっと何倍も時間をかけて決めるのに…。

というわけで、今年のふる納は早めの方がいいかもしれません、強制力はないにせよ高還元返礼品がなくなるかもしれません

しかし…愛知県知事は1割と主張しているのですか?
地方はどうすればいいのでしょう?政令指定都市や大きな産業がなくても、人が少なくても、しかし食料生産や伝統文化保存、都市部で排出している二酸化炭素を吸収している地方にどうしろというのでしょう?

今年のふる納があまりゆっくりできなくなりそうで、ふる納計画の見直しを余儀なくされています。

~~~以下、記事転載~~~
ふるさと納税返礼品、上限を寄付額の3~4割に 全国自治体へ4月の総務相通知に明記

 総務省がふるさと納税で寄付をした人に自治体が贈る返礼品の金額について、寄付額の3~4割程度を上限の目安とする方向で調整していることが17日、分かった。
過熱する返礼品競争を是正するのが目的で、来月3日、全国の自治体に出す返礼品対応の総務相通知に明記する。
通知に強制力はないが、目安に反する自治体からは同省が市町村単位で事情を聴き、改善を要請していく方針だ。
同省が昨年出した通知では、金券や家電製品を念頭に、高額品や換金性の高い返礼品の自粛を求めた。
だが、具体的な数値の目安がなく、一部の自治体は商品券などの提供を続けていた。

現在、返礼品の金額は平均すると寄付額の4割程度だが、7割を超えるケースもある。
総務省は返礼品の調達費が膨らむと、自治体が独自の施策に使うお金が少なくなるため、一定の歯止めが必要と判断した。
ふるさと納税は、都市部に比べて税収が少ない地方を応援するのが本来の趣旨だ。しかし、寄付を集めるために、高額の返礼品を贈る自治体が急増し、競争が激化している。

一方、東京23区など税収減につながっている都市部の自治体の首長らからは批判的な意見も多く、愛知県の大村秀章知事は「モノで釣る制度に成り果てている」と述べ、返礼品を寄付額の1割程度とするよう求めていた。

~~~~~~~~~~~~~~~

1回ポチッと投票よろしくお願いします。
↓ m(_ _)m
にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へにほんブログ村
ありがとうございました。 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する