庶民目線のふる納レポ(本家)

庶民の目から見たふるさと納税レポート…そのまんまですね(笑)

去年分のふる納を申告しました

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ

今日、確定申告がやっと完了しました。毎年ながら、ギリギリです(-_-;)

税務署は混んでいました、当然ですが。
もちろん、昨年実行したふるさと納税も申告しましたよ。ちょうど1年前にはじめたふるさと納税、やっと1サイクルです。いや、でも税金が安くなってはじめて1サイクルかな…とすると、まだあと1年かかりますね。

これでこれから払う、所得税や住民税が安くなるはずですが…一度にドーンと全額還付される訳でもないので、なかなか実感がわきにくいですよね?朝三暮四のサルじゃないですが、小刻みな減税より1発でドカーンと還付を望みます。

しかし…税務署に結構長い時間いたのですが、「ふるさと納税」という言葉を、自分と担当署員以外からは、まったく聞きませんでした。ただ自分が聞いていなかっただけという可能性もありますが、多分、実行した人が少ないだろうなと思います。

ふるさと納税実行者は、権利者の1割程度と、どこかに書かれていました。で、その権利者割合は都市部で高く、地方で低い気がします。最近、イデコと宣伝される確定拠出年金にしても「こいつ変なことやってるな」的に見られますし…。住む地域にお金を落とすためにあえてやらない方、しがらみ上できない方、そもそも興味がない方、面倒な方…事情はそれぞれでしょうけど、勿体ない気がします。

ちなみに限度額について、実はよくわからないまま、2通りの調べ方をして「だいたい」の金額でやってみました。今日、この機に税務署で聞いたところ「わからない」と言われてしまいました。ま、今日はお忙しいですもんね、出直します。

最後に、申告が億劫な方へ。
私も前に本を見ながら自分でやってた時期もありますが…私にはなかなか難しかったです。毎年、1、2月頃から億劫でした(笑)。
簡単か難しいかは、結局それぞれの財務状況や知識によります。ひととおり知識のある方はいいとして、自信のない方は、とりあえず関係ありそうな書類は残しておいて、それらをひととおり持って税務署に行くことをおススメします。微妙な判断や解釈はプロにお任せしましょう、その方が早く正確です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する