庶民目線のふる納レポ(本家)

庶民の目から見たふるさと納税レポート…そのまんまですね(笑)

ふる納ポータル*自治体コラボ その②

ふるさと納税ポータルサイトと自治体がコラボして、+αの取組をする記事を、前回記事から紹介しています。
第2弾の今回は、ANA*高知県です。
kochi (2)kochi (1)

常に時代の最先端を行く坂本龍馬が現代に生きていたら、真っ先にふるさと納税やりそうじゃないですか、タブレット使って(笑)。その龍馬を育んだ土佐と、日本の空の大動脈ANAが組んだら、どんなすごいことになるでしょうか??
トラベルウォッチ記事を見たところ、内容が具体的で比較的わかりやすいですね。
観光振興、販売促進など、それにふるさと納税と、前回紹介した岩手県矢巾町のケースと同じような内容も見られます。

移住促進というのもあるようです。高知移住といえばブロガーのイケダハヤト氏「まだ東京で消耗してるの?」が有名です。この人のように情報発信など自力で仕事を創造できる人はいいですが、たいていの人は移住するには就職先が必要ですよね?地域おこし協力隊とか、一時的に雇用する助成制度はあるかもしれませんが、本当に定住促進目的なら恒久的な受け皿が必要かと思います… って、話がそれましたね、すみません。

今回のコラボの話題に戻りますが、食関係の取組は魅力大ですね!
個人的には高知の食べ物は大好きです。現地で食べたものでは、カツオのたたきは言うまでもないし、クジラも美味かったのですが、ウツボの美味しさに驚きました。そして、さらに驚いたのは、通販で買った塩たまごかけご飯セット(←欠品中のようです、すみません)。たまごかけごはん(以下TKG)は普通はしょう油だと思いますが、このセットは塩で食べるんです。高知のゆず玉子と高知の塩のコラボが最強で、私のTKGの概念を覆してくれました(笑)。

さて、ANAは、交通機関では唯一ふるさと納税ポータルサイト(ANAのふるさと納税)を運営しています。また、ふる納ポータルで直接ポイント還元(ポイントサイト経由やクレジットカード会社の還元は別として)をしているのも、楽天とANA(マイル)だけです。これらの独自性をさらに発展させて面白い取り組みをしていただきたいものです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する