庶民目線のふる納レポ(本家)

庶民の目から見たふるさと納税レポート…そのまんまですね(笑)

行ってきました青森県五所川原市 立佞武多は必見です!

さて、今日は天候大荒れのようですが、センター試験ですね。受験生の皆さま、保護者の皆さま、たいへんお疲れさまでした。明日もがんばってくださいね!

さて、私は大荒れの猛吹雪中、一昨日青森県五所川原市に行ってきました。
青森市から西方向、津軽半島付け根の内陸部の町です。観光は、津軽鉄道(ストーブ列車、鈴虫列車)、十三湖などでしょうか。『走れメロス』の太宰治、吉幾三さん、そして有名な故 羽柴秀吉(を名乗って各地の選挙に出馬していた三上誠三氏)さんの出身地です。

青森では「ねぶた祭」が有名ですが、実はねぶた、ねぷた、佞武多…というような祭りは青森県内各地で実施されています。そしてこの五所川原では独特の「立佞武多」というのがあります。

一般的なねぶたの山車(だし)は横長ですが、立佞武多の山車は文字通り立った状態で縦に長く、高さは20mを超えています。祭りの時は、その20m以上の山車が街中を練り歩きます。私も10年ほど前に立佞武多祭行きましたが、特撮のロボットか怪獣みたいで(笑)、本当にすごい迫力でした。

さて、立佞武多の館なる、その山車の保存・展示施設に行きました。

暗いですが、下の方の杭(高さ1m程度?)を見ていただくとサイズがわかりますでしょうか?
山車の迫力もさることながら、その建物も立佞武多が立ったまま出入りできる仕掛けになっていて、やはり特撮巨大ロボ基地的でした(笑)。

さて、恒例のふるさと納税です。
ふるさとチョイス・青森県五所川原市
おススメは定番のリンゴ、米、またシジミもいいですよ。そして寄付金の用途を見ると、やはり1番が立佞武多コースでした。この山車の製作からお祭りの運営まで、どれくらい費用がかかるのか想像もつきません。

知名度はともかく、見た目の面白さは青森市のねぶたより五所川原の立佞武多かと思います。ねぶた系の夏祭りを見に来たい方には、私は五所川原がイチオシです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へにほんブログ村 ふるさと納税 ブログランキングへ
 ↑1回ずつポチッと応援お願いします↑
 ふるさと納税ブログのオンパレードです!

ブログサークルあんてな

<分家ブログ>
分家1)ふる納以外の生活経済の話題→小平民の小さな見得
分家2)それ以外の色々な話題→ひみつきちでソーダでも


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する