庶民目線のふる納レポ(本家)

庶民の目から見たふるさと納税レポート…そのまんまですね(笑)

お久しぶりです! ふるさと納税復活!?

こんにちは、たいへんご無沙汰しております。ふる納庶民のたけとんぼです。
しばらくブログサボっちゃいました、失礼いたしました。

今日は皆さまに、嬉しいお知らせを。
すでにニュース等でご覧になってるかもしれませんが、野田総務相が「自治体にお任せするのが当然」という方針を示しました。

情報源:Yahoo!ニュース
~~~以下、記事コピペ~~~
野田総務相「自治体にお任せするのが当然」 ふるさと納税返礼めぐる通知を見直し
野田聖子総務相は4日、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、ふるさと納税の返礼品競争の沈静化に向けて総務相名で全自治体に出された通知について、「自治体にお任せするのが当然」と強調。返礼品の選択を自治体の裁量に任せ、来年度は通知を出さない方向で検討する方針を明らかにした。

 総務省は今年4月、全国の自治体に対して、返礼品を寄付金の3割以下とすることや家電や貴金属、商品券などを返礼品としないように通知した。

 多くの自治体は総務省の考えに従う方針だが、一部の自治体では商品券を返礼品として続ける意向を示すなど反発している。

 野田氏は「ふるさとへの寄付を直接、自分の意志でできるという仕組みや、脆弱(ぜいじゃく)な財政の地方が必要なことをふるさと納税で自由にできるという流れが大事だ」と、ふるさと納税本来の意義を強調。その上で、ふるさと納税の返礼品の人気で雇用を集め、人口増につなげた北海道東川町など、ふるさと納税の活用についての先進自治体を野田氏が自ら訪問して紹介する考えを示した。「ふるさと納税のよい取り組みや在り方を紹介することで、通知を出さなくても済むのでは」と述べた。

 家電など換金性の高い返礼品については「転売目的をどうするのかは別次元の問題」としたが、「地方の首長の良識ある判断が第一義。いたずらに(返礼品を)止めることがあってはならない」と指摘した。
(以下省略)
~~~~~~~~~~~~~

だそうです。言うまでもなく、個人的には大歓迎で、この流れでどんどん進めてほしいです…でも、私は今年の枠はもうないので、来年の寄付になっちゃいますけどね。なお、3割制限に関する私見は、さんざんこれまで書いてきたので今日は省略します。

また、年末に向けて盛り上がるといいな~、と思います。

PageTop

総務省通知 ついに…

総務省公式サイトより
とうとう正式通知です。もうエイプリルフールでも何でもありません。

自分も中身はあまり読みたくありません。今忙しいし、いやそれより内容の問題です。
いずれは読みますが、後日にします…

1回ポチッと投票よろしくお願いします。
↓ m(_ _)m
にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へにほんブログ村
ありがとうございました。

PageTop

ついにXデー!?ポータル、自治体に聞いてみました

総務省がふる納返礼品上限金額を3割に制限する件について、某自治体(前回とは違う所)や某ふる納ポータルに聞いてみました。

●現時点で総務省から具体的な指示はない。ただし、報道されているように近々そう指示をされる可能性があり、その際は返礼品の数量や必要な寄付金額を見直さざるを得ないが、現時点で具体的な変更時期や内容はわからない。

だそうです。
ん~、結局、結構すぐに変更かもしれないし、あるいはしばらく先になるのかもしれません。また、自治体によって対応の温度差は、多かれ少なかれ生じると思います。

そして、以前の記事で紹介したように、寄付金額⇔ポイント の交換レートは変更することがあっても、 ポイント⇔返礼品 のレートは変わらない、というパターンもあるようです。その場合は、年度内(今日中)に寄付さえ済ませてポイントをいただけば、返礼品への交換は後日ゆっくり実行しても損はしません。ただし、ポイント制採用自治体でも、対応はそれぞれ異なると思いますのでご注意を。

年度末でふる納受付停止中の自治体も結構あるみたいです。その中の1か所、山形県上山市は、少なくても私が注文予定の返礼品については、4月以降も変わらず提供してくださるとのことで安心しています。が、多分そういうのは例外で、今後は(消費者目線では)改悪される所が多いと思いますので、やはりお早めの寄付がよさそうです。

というわけで、自分は本日1件のふる納を実行しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント10倍】【ふるさと納税】00E-092 うなぎごはんの素
価格:5000円(税込、送料無料) (2017/3/31時点)



いずれも楽天ふる納でポイントUP中の静岡県焼津市か、高知県奈半利町か迷いましたが、焼津市の「ラストポイントセール」の文言が気になり、また全国ふる納ランキング上位常連の実績も気になり、そして重要な冷蔵庫の都合(笑)や家族の嗜好も考え、焼津に決めました。

私は恐らく今年のふる納の寄付枠のほとんどを、この数日中に使ってしまうと思います。

~~~~と、ここまで書いた時点で、次のニュースが入りました~~~
日テレNEWS24
一部で競争過熱が指摘されているふるさと納税の「返礼品」について高市総務相は、寄付額の3割を超える場合は速やかに是正するよう求める通知を出すことにした。

 高市総務相は、行き過ぎた競争が続けば制度への信頼を損なうとして、4月1日付で全ての自治体に通知を出す。通知は「返礼品の割合が寄付額の3割を超えている場合は速やかに3割以下にする」とし、制度の趣旨に反する返礼品として家具、時計、カメラ、楽器などを具体的に挙げている。

 高市総務相「本来のすばらしい成果が無になることのないように、これからもそういった良い事例が増えていくようにという趣旨でございます。必要な対応だと考えています」

 総務省は今後、インターネットなどを見て問題がある市区町村には直接、働きかけていくとしている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あ~、とうとうきてしまいました(TT)
せめて明日4月1日は土曜日なので、役所や官公庁はゆっくり休んで下さい。
実働的にいつから制度や返礼品が変更になるのか、非常に気になります。

1回ポチッと投票よろしくお願いします。
↓ m(_ _)m
にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へにほんブログ村
ありがとうございました。

PageTop

ふる納制度変更

ふるさと納税返礼品上限額が、実質いつから適用されるのかわかりませんが、いずれにしてもそれほど先ではないようです。

楽天ふる納で一部自治体が3月31日まで一部自治体でポイントUPしているのでチャンス… と思っていたら、31日0時からお買い物マラソンも開催されるそうです。今月初めにスーパーセールがあったので、今月中に再びセールとは思っていませんでした。

買い物マラソンでは、<買い回り>といって複数自治体(店舗)への寄付(買い物)で、店舗数分ポイントUPになります。

ということは、複数自治体への寄付や他の買い物も同時期にした方が得になります。4月以降、ふる納に関してはサービス改良より改悪の可能性の方が高そうなので、ふる納のポイントUP自治体には明日31日中に寄付、それ以外の買い物はマラソン期間中(4月6日1時59分まで)が良いかもしれません。マラソン期間中に複数店舗で買い物をすれば、買い回り対象です。ただし、3月31日まで受付停止の自治体があり、そちらが4月からどうなるのか…良くなるといいですが、知る由もありません。

実は私も、今日駆け込み寄付を1件既に済ませています。そして、私が期待している山形県上山市は、31日まで受付停止なので、いろいろ迷っています。先日楽天トラベル利用したので、多分セール期間の終わりまでには付与されるので、それを使っての寄付を目論んでいるのですが、どうなるでしょうか?また、奈半利町あたりでお得なタイムセールやらないかな~と期待しています。

また情報が入りましたらお知らせします。

1回ポチッと投票よろしくお願いします。
↓ m(_ _)m
にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へにほんブログ村
ありがとうございました。

PageTop